Author:金子 勇人

ただ今、ダイエットに没頭中です。 最初は体重を減らしたかったので食事制限だけをしていましたが、健康面を考えたら運動も必要だと思い、現在はジムに通っています。 ジムに通い始めて3ヶ月経ちますが、身体が引き締まってきました。 身体を鍛えることってストレス発散にもなりますし、健康でいられるのでいいですね! しかも、鍛えているので食事もそれほど我慢する必要がないので、以前よりも楽しくダイエットできています。 こんなことを日々行っている僕ですが、皆さんと一緒にコミニュケーションを取れたらなと思っているのでヨロシクお願いします。 いろんな情報を僕に紹介してください。

ウェブページ:http://missmorbids.net/

Google+:https://plus.google.com/107196867040256130644/posts

ヘルスケアに欠かせないお弁当とトレーニング

40代になると、男性も女性も体の健康が気になってきます。いうまでもなく、ヘルスケアは、快適な生活を送る基礎的要素です。この年代にヘルスケアを怠ると、この先の長い老後を健康に過ごすことができないかもしれません。しかし、逆に、きちんとヘルスケアに気を付けることで、これからも健康と元気を保ちながら、年齢を重ねていくことができるはずです。
ヘルスケアのポイントは、食と運動です。
そのため、着目すべきは、ま食事です。自宅でとることが多いと思われる朝食と夕食はともかく、昼食はどうしても外食が中心になっている方が多いのではないでしょうか。40代と言えば働き盛り。午前中の労働で、昼にはおなかペコペコ。近くの定食屋や会社の社員食堂で、から揚げ定食あたりをがっつり…という方も多いのではないでしょうか。食事をしっかりとることは悪いことではないですが、どうしても外食はカロリーが高く、肉や油、塩分などの取り過ぎにつながる危険があります。そこで、「お弁当」の活用をお勧めします。奥様のお手製のお弁当なら言うことはないですが、そうでないとしても、会社に配達してくれるランチサービスがたくさんあります。値段もお店で食べるより格段にお得です。いろんなタイプのお弁当がありますが、ヘルシーを売りに野菜中心の薄味のものもありますので、どうぞ楽しんで注文してみてください。
もうひとつは、「運動」です。トレーニングジムに通っているという方は、それで十分です。が、その時間もないという方も多いはず。でも大丈夫です。日常生活の中でトレーニングできる場面はいくらでもあります。エレベーターを使わずに階段で上り下りをする、歩くときにちょっと早足で歩く、通勤電車では座らないなどちょっとだけ気を付ければ、十分なトレーニングになりますよ。

西洋医学が見直したヘルスケアと水中ウォーキング

ヘルスケアとは直訳すると「健康管理」を意味しています。健康管理とは、疾病を予防し健康を保持、増進する目的を達成するために行なわれる管理を指しており、ヘルスケアでは病気の治療よりも予防に重点が置かれています。
中国を中心とした東洋医学には「未病」という言葉があります。日本未病システム学会の定義によれば、未病とは「自覚症状はないが、検査で異常がある状態」及び「自覚症状があるが、検査では異常がない状態」とされ、発病以前の健康でない状態を意味しています。未病は約2000年前の中国最古の医学書と言われる「黄帝内経」にも記載されており、中国では古代から現在のヘルスケアに通じる考えが存在していました。
わが国でも明治時代以前は古代に伝来した中国医学が継承され、漢方薬や鍼灸などが利用されてきました。明治以降、最先端科学として西洋医学が盛んに導入されましたが、西洋医学は発病後の治療に主眼が置かれており、ヘルスケアは重要視されませんでした。このため明治以前の東洋医学は時代遅れのものとして蔑ろにされました。しかし、近年、未病の段階で的確に察知し、自己治癒力を高めて心体に大きなストレスを与えずに病因に対処する東洋医学の考え方が重要視されるようになり、日本の西洋医学にも取り入れられるようになりました。
病気を予防し健康を保とうとするヘルスケアには様々な方法があります。健康に良い食品を摂取する、適度な運動を行う、心身ともリラックスできるリラクゼーションを行うなどです。これらのヘルスケアの方法のうち、運動では特に高齢者にお勧めなのが水中ウォーキングです。水中ウォーキングは陸上で行う運動に比べ脂肪燃焼、筋力アップ、エネルギー消費などの効果が高くなっています。更に水中ウォーキングは水の持つ浮力によって体にかかる負担が減少するので、リハビリにも適しています。

寝すぎると太るホルモンバランスについて

寝不足によって太ることは知られていますが、寝すぎも人間は太るようになってしまいます。

太る原因は、寝すぎによるホルモンバランスの崩れによるものです。
この崩れるホルモンは、睡眠時に分泌される成長ホルモンになります。

成長ホルモンは、人の骨などを成長させるほか、肌のターンオーバーやエネルギーの消費などの代謝活動に影響しています。
成長ホルモンが分泌されることによって代謝が良くなりエネルギー消費が多くなることは、脂肪燃焼などにもつながるためダイエットにも効果的になります。

しかし、寝すぎによってホルモンバランスが崩れることにより、エネルギーが上手く消費されなくなり、脂肪の燃焼が少なくなり、結果的に太りやすくなってしまうようになるのです。

寝すぎは休日などにゆっくりと睡眠をとることによって起こってしまいます。
しかし、休日ぐらいはゆっくりしたいという場合には、寝る時間を延ばすのは少しだけにしておくことが賢明ともいえます。

ホルモンバランスを崩してしまった場合には、不規則な生活習慣などを整えることが大切です。
寝不足の改善はもちろん、ファストフードやコンビニ弁当、肉類中心の食事などもホルモンバランスが崩れて疲れやすくなってしまうため、野菜を多く摂取するような食生活を意識するような生活が大切になります。
また、自律神経を活性化させるためには運動不足を解消し、休む時はしっかり休息をとり生活にメリハリをつけることにより乱れたホルモンが整って行きます。

ホルモンは脳の指示によって分泌されます。
そのため、ストレスを感じると脳がきちんと働かなくなってしまうため、それによってホルモンバランスが崩れてしまいます。
脳をきちんと働かせるためには生活やストレスを溜めないことなどが重要となるのです。

リバウンドの原因にホメオスタシスがあります

ダイエットは一時的に成功することができても、その後すぐにリバウンドしてしまうという悩みを抱えて入る人も少なくありません。
そして、リバウンドを繰り返すことで、より頑固な肥満となり、痩せにくい体型になってしまうこともあります。

ダイエットを成功させるためには、なぜ体重が戻ってしまうのか、その原因を知っておきましょう。
まず、原因としては、我慢した反動で食べ過ぎてしまうことがあげられます。

そしてホメオスタシスもリバウンドの原因となっています。

ダイエットを行う際は減食、絶食を行うことも多く、カロリーを制限することは体重を落とすためには欠かすことができません。
減食はダイエットには効果的ですが、このときに気をつけたいのは極端な減食をすることで、体が栄養不足になってしまうことです。

ホメオスタシスはエネルギーとして使用する量と蓄える量を自動で調節する機能です。

栄養不足になると、体はよりエネルギーを溜め込みやすくしようと蓄えモードに入ります。
それゆえに、順調に体重が落ちていても、あるときを境に痩せにくくなる、いわゆる停滞期に入ってしまいます。体重が5パーセント減るとこのホメオスタシスが働きやすくなるとされていますので、こうした時期は特に注意しましょう。

ホメオスタシスで一旦、蓄えモードに入ってしまうと元の消費モードに入るまでは一ヶ月間はかかるとされていますので、このときに食べ過ぎてしまうと、せっかく痩せてもリバウンドが起きやすくなってしまいます。
ダイエットが終わっても、すぐに元の食事量に戻してしまうと短期間に戻ってしまう場合もありますので、絶食後や減食後は特に注意し、食事量やカロリーはしっかり管理し、太らないよう注意しましょう。

過度なダイエット志向による節食障害の危険性

モデルとなることやモデルのように美しい身体を目指す女性にとっては身体だけではなく腕や足、指先に至るまで極限まで細くしたいと考える傾向があります。
細ければ細いほど美しく見せることができると信じられているからであり、特にモデルを仕事とするともなれば他のモデルにオーディションで勝てるようにと日々ダイエットに明け暮れて生活することになります。
こういった過度なダイエットへの志向は危険性をはらんでいるということが明らかとなってきました。
その最たるものは節食障害であり、食べることによって身体が太くなってしまい、醜くなって仕事ができなくなってしまうという恐怖感から食事がろくにとれなくなってしまうのです。
節食障害になるとカロリー不足や栄養不足になる危険性にさらされるだけでなく、最悪の場合には死に至ることすらあります。
モデルを職業とする人のように極端なダイエット志向を持っていなければ大丈夫だと考えてしまいがちですが、こういった傾向が一般の人にも広まってきています。
食事制限によってダイエットに成功したものの、リバウンドに対する恐怖から体重がわずかに増えるのさえもストレスになってしまい、食事をさらに制限し続けてしまうことが散見されるようになりました。
それによって節食障害になってしまって栄養失調になり、入院して一命を取り留めるというケースも報告されるようになっています。
過度なダイエット志向はこういった危険性をはらんでいるものであるということは認識を高めなければならないことでしょう。
過度な食事制限を続けることによってダイエットに成功しても、命を失ってしまっては元も子もないということを世の中に知らしめることが重要です。

時には医療施術に頼ってキレイにダイエット

ダイエットは大変で辛いもので、なかなか続けられないと言う人も多いことでしょう。
そんな人に美容クリニック等で時には医療施術に頼ってキレイにダイエットされてはいかがでしょうか?施術方法にはいろんな方法がありますので、少しだけ紹介したいと思います。
まずは遺伝子検査です。
まずは自分がどんな体質なのか知ることがクリニック等ではできます。
遺伝子を調べることによって肥満遺伝子を見つけ出し太る原因を探し出し最も適したダイエット方法を見つけることができるのです。
次に溶解注射です。
メスがいらず注射で部分痩せが安心してできます。
脂肪溶解注射は薬剤を気になる部分に注入することでセルライトをはじめとした脂肪に直接作用します。
脂肪吸引とは違い、急速に効果を出すのではなく、数回に分けて治療していくことで自然に理想のボディースタイルに変えていきます。
最後にプランセタです。
プランセタは『胎盤』と言う意味で、人気も高く、紀元前から美容や健康に薬用として使われ続けています。
プランセタには細胞を活性化する作用があり、細胞に命令をだし代謝を高めてくれるためダイエットにも効果的です。
3つほど紹介しましたが、ボットクス痩身・内服薬・ヴェラシェイプなどまだまだ沢山の施術方法がありますが、値段や施術方法も種類によって違いますので、まずはダイエット施術ができるクリニックを見つけ医師に相談されて下さい。

食事療法+ゼニカルで健康的に

肥満を解消するためのダイエットは、若い女性がキレイなスタイルを求めるためだけでなく、中高年のメタボリックシンドロームなどを改善するためにも必要とされています。
これまで様々なダイエット法がメディアで取り上げられてきましたが、ほとんどの人がリバウンドで挫折してしまいます。
それは長続きしないのが主な原因です。
ダイエットを長続きさせるために最も効果的なのは、病院で医学的な診察と治療を受けることです。
リバウンドを繰り返していると、筋肉量や骨の量が落ちて太りやすい体質になってしまうのです。
精神的なストレスが増大し、過食症や拒食症になる恐れもあります。
自分でダイエットする意欲は大切ですが、効果的に痩せるためには医療機関の指導を受けた方が健康には良いのです。
病院でも運動療法や食事療法は行われますが、より効果を出すために投薬も行われます。
今最も注目されているのは、食事療法+ゼニカルで健康的に痩せる方法です。
ゼニカルというのは脂肪分の吸収を抑えるので、食事制限を楽にしてくれます。
食事療法+ゼニカルで健康的にダイエットができるので、リバウンドしにくい身体になります。
ゼニカルは安全なダイエットサポート薬なので、年齢や性別を問わず使用することができます。

ダイエットの食事にはタニタレシピを!

過度の食事制限や運動によるダイエットは長続きしないため、自分のペースに合わせた最適な方法を見つける事が大切です。
食事制限によるダイエットを選んだ場合、ただ食べる量を減らすだけでは良いダイエットとは言えないです。
効率の良い方法で行うなら、痩せるために食べる事です。
しかしそれを行うには管理されたカロリー制限のもと行う必要があります。
特別な知識を持っている場合を除いて、多くの人は食事制限の知識を有していないため、専門書を参考に勉強します。
しかしこれをもとに毎日のレシピを考えるのは大変な作業となります。
これらの負担を少しで軽減させるなら、タニタレシピを採用すると良いです。
タニタレシピとはタニタ食堂のメニューを家庭で作るために販売された本の事です。
タニタ食堂では社員の食事を管理するため、毎日色とりどりの食材を使用しご飯が提供されています。
しかしその食事は全て低カロリーに設定されています。
これならダイエット中の人も安心して完食する事ができます。
ダイエットの食事には食べたくなるように、たくさんの色を並べると食欲がわきます。
タニタレシピは食材の色の使い方が上手なので、ダイエット中でも楽しく食べる事ができます。

使い分けをハッキリと

illust2068_thumbゼニカルを服用する際には脂溶性ビタミン不足を補うためにもサプリメントなどを摂取することも可能です。
次に、糖尿病などで食後の血糖上昇に悩んでいる人にはアカルボースといったグルコバイ錠が治療に使われることがあります。
アカルボースとは、食後の血糖上昇を抑える薬で腸からの炭水化物の消化吸収をゆっくりと遅らせることによって食後の急激な血糖の上昇を抑える働きがあります。
つまり糖質の消化吸収を遅らせる作用があり、食事療法・運動療法を行っていても十分な効果が得られない場合に処方されます。
特にグルコバイ錠の中でもアカルボースは長期間安定して血糖をコントロールできるため、インスリンの感受性を高める効果もあります。
血液中の糖分である血糖は、膵臓から分泌されるインスリンホルモンで調節されています。
糖尿病とは、このインスリン量が不足したり働きが悪くなることで血糖が上がってしまう病気なので、インスリンの感受性を高めてくれるアカルボースはとても理にかなった薬だといえます。
具体的には、砂糖や炭水化物をブドウ糖に分解する酵素であるαグルコシダーゼの働きを抑制することでブドウ糖への分解を遅らせ、その結果食後の過血糖を抑えることが出来ます。
ゼニカルもアカルボースもそれぞれ効果が違うため、目的にあった摂取が大切です。