タニタ風ヘルスケア

食事療法・運動療法・サプリメント・医薬品・医療施術、何でも紹介します!

ヘルスケアを紹介する女性

過度なダイエット志向による節食障害の危険性

モデルとなることやモデルのように美しい身体を目指す女性にとっては身体だけではなく腕や足、指先に至るまで極限まで細くしたいと考える傾向があります。
細ければ細いほど美しく見せることができると信じられているからであり、特にモデルを仕事とするともなれば他のモデルにオーディションで勝てるようにと日々ダイエットに明け暮れて生活することになります。
こういった過度なダイエットへの志向は危険性をはらんでいるということが明らかとなってきました。
その最たるものは節食障害であり、食べることによって身体が太くなってしまい、醜くなって仕事ができなくなってしまうという恐怖感から食事がろくにとれなくなってしまうのです。
節食障害になるとカロリー不足や栄養不足になる危険性にさらされるだけでなく、最悪の場合には死に至ることすらあります。
モデルを職業とする人のように極端なダイエット志向を持っていなければ大丈夫だと考えてしまいがちですが、こういった傾向が一般の人にも広まってきています。
食事制限によってダイエットに成功したものの、リバウンドに対する恐怖から体重がわずかに増えるのさえもストレスになってしまい、食事をさらに制限し続けてしまうことが散見されるようになりました。
それによって節食障害になってしまって栄養失調になり、入院して一命を取り留めるというケースも報告されるようになっています。
過度なダイエット志向はこういった危険性をはらんでいるものであるということは認識を高めなければならないことでしょう。
過度な食事制限を続けることによってダイエットに成功しても、命を失ってしまっては元も子もないということを世の中に知らしめることが重要です。