寝すぎると太るホルモンバランスについて

寝不足によって太ることは知られていますが、寝すぎも人間は太るようになってしまいます。

太る原因は、寝すぎによるホルモンバランスの崩れによるものです。
この崩れるホルモンは、睡眠時に分泌される成長ホルモンになります。

成長ホルモンは、人の骨などを成長させるほか、肌のターンオーバーやエネルギーの消費などの代謝活動に影響しています。
成長ホルモンが分泌されることによって代謝が良くなりエネルギー消費が多くなることは、脂肪燃焼などにもつながるためダイエットにも効果的になります。

しかし、寝すぎによってホルモンバランスが崩れることにより、エネルギーが上手く消費されなくなり、脂肪の燃焼が少なくなり、結果的に太りやすくなってしまうようになるのです。

寝すぎは休日などにゆっくりと睡眠をとることによって起こってしまいます。
しかし、休日ぐらいはゆっくりしたいという場合には、寝る時間を延ばすのは少しだけにしておくことが賢明ともいえます。

ホルモンバランスを崩してしまった場合には、不規則な生活習慣などを整えることが大切です。
寝不足の改善はもちろん、ファストフードやコンビニ弁当、肉類中心の食事などもホルモンバランスが崩れて疲れやすくなってしまうため、野菜を多く摂取するような食生活を意識するような生活が大切になります。
また、自律神経を活性化させるためには運動不足を解消し、休む時はしっかり休息をとり生活にメリハリをつけることにより乱れたホルモンが整って行きます。

ホルモンは脳の指示によって分泌されます。
そのため、ストレスを感じると脳がきちんと働かなくなってしまうため、それによってホルモンバランスが崩れてしまいます。
脳をきちんと働かせるためには生活やストレスを溜めないことなどが重要となるのです。