タニタ風ヘルスケア

食事療法・運動療法・サプリメント・医薬品・医療施術、何でも紹介します!

ヘルスケアを紹介する女性

リバウンドの原因にホメオスタシスがあります

ダイエットは一時的に成功することができても、その後すぐにリバウンドしてしまうという悩みを抱えて入る人も少なくありません。
そして、リバウンドを繰り返すことで、より頑固な肥満となり、痩せにくい体型になってしまうこともあります。

ダイエットを成功させるためには、なぜ体重が戻ってしまうのか、その原因を知っておきましょう。
まず、原因としては、我慢した反動で食べ過ぎてしまうことがあげられます。

そしてホメオスタシスもリバウンドの原因となっています。

ダイエットを行う際は減食、絶食を行うことも多く、カロリーを制限することは体重を落とすためには欠かすことができません。
減食はダイエットには効果的ですが、このときに気をつけたいのは極端な減食をすることで、体が栄養不足になってしまうことです。

ホメオスタシスはエネルギーとして使用する量と蓄える量を自動で調節する機能です。

栄養不足になると、体はよりエネルギーを溜め込みやすくしようと蓄えモードに入ります。
それゆえに、順調に体重が落ちていても、あるときを境に痩せにくくなる、いわゆる停滞期に入ってしまいます。体重が5パーセント減るとこのホメオスタシスが働きやすくなるとされていますので、こうした時期は特に注意しましょう。

ホメオスタシスで一旦、蓄えモードに入ってしまうと元の消費モードに入るまでは一ヶ月間はかかるとされていますので、このときに食べ過ぎてしまうと、せっかく痩せてもリバウンドが起きやすくなってしまいます。
ダイエットが終わっても、すぐに元の食事量に戻してしまうと短期間に戻ってしまう場合もありますので、絶食後や減食後は特に注意し、食事量やカロリーはしっかり管理し、太らないよう注意しましょう。